週末のお墓の解体


日曜・月曜の2連休だった週末
地元では 全国でも有名な「おくんち」という
お祭りで 賑わってた  らしい・・・

らしい・・・というのも 地元とはいえ
こちらは郡部の田舎で 何年か前に
合併した方だから 祭りといっても
いまいちぴんと来ない

で どこにいたのかというと・・・お墓
なんで?っていうと 話は長くなるけど
うちの家には参るべきお墓が3つ(3箇所)ある
それに戦没者と海難事故犠牲者の
2箇所が加わるから 合計5箇所

3つの内訳は うちのお墓
じいちゃんの戦死した弟さんの奥さんの墓
じいちゃんの代に、昔お世話になった家のお墓

小さい頃から 5つのお墓があるっていうのが
当たり前だと思っていたから 何も疑問は無かったし
これからも そして 自分の次の代も同じだと
思っていた   けど・・・

お墓ってのは えてして その地区の高台にある
うちもその例に漏れず 高台に それも分散してある
そして普段のお墓の手入れ 「はなしば」・花などを
生けたりしているのは お母さんがやっていた

お父さん、お母さんとも高齢になってきたし
49回忌も済んでいることだから
家族で話し合って お墓を減らそうということになった

で 日曜日に お坊さんから お墓の魂を抜いてもらい
月曜日に 墓石の解体を 身内でやってしまった
ちゃんとした石屋さんに頼んだら 1件につき6万円と
とても出せる金額ではないので 自分とお父さんとの二人で
なんとか 少しずつ動かしながら 倒していった
腰に ぎっくりを持っているお父さんに気を使いながら
全身コケまみれになりながら 半日かけて・・・
(最初は「運ぶ!」と言ってたんだけど・・・無理です!)

そして全てが終わったあと
一つの時代の区切りがついた気がした

お母さんが
「これで 安堵した・・・」
しみじみ言ってたのが 印象的だった

そのあと
「時間が早く済んだから・・・」
ということで 昔の家の周りの
葛の撤去作業にまた2時間
相変わらずの ゆっくり出来ない週末でした


にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ
TREview
[PR]

by hamah6192 | 2008-11-04 22:18 | 日記  

<< 冬物の上着 夜ふかし >>